実印作成デザインヒント

実印と印鑑証明の大切さ

実印と印鑑証明の大切さ

印鑑は誰でも、証明書を提示することなく購入できます。100円ショップでも購入できます。シャチハタでもホームセンターや文房具店で簡単に購入できます。

つまり、本人でなくても、印鑑は簡単に購入できるのです。ちょっとしたものへの押印、例えば、宅配便を受け取ったとか、書類を見ましたなどがあります。しかし、実印は簡単に押印できません。まず、印鑑登録を役所にしなくてはなりません。

その印鑑登録を行って、ようやく印鑑証明が出せるのです。印鑑登録は三文判でもできますが、通常は実印作成をし、それを登録するのが一般的です。住宅購入の時は印鑑証明が必要なので、成人したら、まずは大人への証しとして実印作成をお勧めします。

すぐにではなくとも必要性が高いものですから、あらかじめ作成しておきましょう。

会社設立と実印の印鑑証明について

会社設立にあたっては、実印作成し、その実印を登録して、印鑑証明を取得しなければいけません。 では、具体的にはどうすればいいのでしょうか。

順を追って説明します。 まず、実印作成にあたり、他にも必要となる印鑑を同時に作成します。 銀行印、社印、ゴム印などです。 その上で、会社の管轄の法務局に行き、印鑑を届け出ることになるのです。 以後の手続きですが、まず、会社設立登記の申請書と同時に、法務局に実印登録をします。

そして、無事会社の設立登記が完了したら、会社の印鑑カードの作成を法務局にお願いします。 個人の場合とは違い、印鑑カードがすぐに発行されるわけではないので注意してください。 最後に、その印鑑カードを使って、法務局で会社の印鑑証明を取得することになるのです。

はんこひんと① はんこひんと② はんこひんと③
印鑑のデザインをすることはそれほど難しくはありません。
ぜひ、ご自身で新調した印鑑を手に入れてみてください。


Copyright 実印作成デザインヒント